髪の傷みにさようなら。健康な髪を取り戻す!

カラーリングとパーマで傷んだ髪の毛

髪の悩み

もともとクセ毛でコシがない髪の毛。
年齢と共にクセが根元が膨らむような出方をする為雨の日や湿気の多い日は広がってしまいまとまりがつかなくなっていました。

 

根元を縮毛矯正し、裾だけカールができるようにパーマをずっとあてていました。
でも最近髪の艶感が欲しいと思いカラーリングをしたのです。

 

しばらくはキレイにまとまっていたのに時間が経つと髪に水分がなくなり、切れ毛が目立つようになったのです。
3か月ぶりに美容院に行くとかなり傷みがキツイとの事でしばらくはパーマはもちろんカラーリングもやめておく方が良いとのことだったのです。
毛先カットとトリートメント、ヘアスパをしてもらい様子を見ることにしました。
美容院でやってもらうとキレイになるけど家でケアをすると上手くいかず傷みが目だってきました。

 

カラーリングとパーマで傷んだ髪の毛にこれまでしてきた対策

ドライヤーやコテなどで巻いても上手くカールも出ないのでイライラ。
これではいけない!と思い髪のケアについて色々調べることにしました。

 

カラー剤やシャンプー、トリートメントは色々調べて使っていましたがそれ以外の髪のケア用品についてはそんなにもよく知らなかったのです。

 

まず、シャンプーの仕方から変えてみました。
シャンプーをする前はブラッシングをきっちりする。
これによって汚れが落ちシャンプーをするとき汚れが取れやすくなるのだとか。

 

そして、シャンプー前のすすぎの時間に注目。
シャワーで流すだけだったのを時間をかけて丁寧に汚れを落とします。
時間で言うと1分間程度シャンプー前に髪をすすぐのが理想なんです。

 

そしてシャンプーをつけてマッサージするように良く泡立てます。
そして、シャンプーを流します。
ここもしっかりシャンプーと汚れを洗い流します。
こちらも時間でいうと1分くらいが目安ですね。

 

そうしてトリートメントやリンスをつけて流します。

 

1週間、髪の洗い方を少し見直しただけでずいぶん髪の状態が回復したように思います。
そして、シャンプーの見直しもしました。

 

今はオリーブオイルが原料の石鹸シャンプーとアミノ酸トリートメントを使っています。
香りは全くありませんが、かすかにオリーブの香りがするのが最近は良い香りだなーっと思うようになりました。
そしてドライヤーで根元から乾かします。
水分を地肌に残すと湿気を含む為皮脂が出やすくなるようです。

 

しっかり根元から乾かすことで髪全体が渇いて行くという事も調べる中で分かった事です。
髪の乾燥を防ぐためアルガンオイルを毛先に揉みこむことも忘れません。

 

クセ毛なのでオイルを含ませることでキレイにウエーブが出ることも最近気が付きました。

 

また、リシリッチを使ってドライヤーのときも髪を保護しています。

 

今回髪が傷んだことでケアする事の大切さを知ることができました。
女性はいくつになってもキレイな髪でいたいですからね。